障子紙の貼り替え方
[美濃判サイズ・立ち貼り編]

ここでは新しい障子紙の貼り方「立ち貼り」のやり方を詳しく説明します。

※立ち貼りは「美濃判サイズ」の障子紙の貼り方です。
事前にご自宅の障子戸のサイズをご確認ください。
サイズの測り方はこちらから
 

用意する道具や古い障子紙のはがし方はこちらをご確認ください。

用意する道具 古い障子紙のはがし方

1.のり付けして一段ずつ貼っていきます

障子戸を鴨居から外し、逆さまにして壁などに立てかけます。(障子戸は天地が逆になります。)
ハケとのり、またはワンタッチのりで、下の図のように、順番に貼っていきます。一段分のり付けして障子紙を貼り、また次の段をのり付けして障子紙を貼る……というように繰り返します。

六段目から貼っていくイラスト

▲障子戸の一番外側の枠には1cmくらいの幅でのりを付けます。紙じゃくりのある障子戸の場合、その凹みにのりを付けましょう。

この順番で貼っていくと、障子戸を元の向きに戻したとき、のりしろの重ね目が下を向くので、すき間に埃がたまりにくくなります。
のりはまんべんなくつけていきましょう。ハケの場合、下の写真のようにハケを寝かせ、毛先でのりをつけていきます。障子紙が桟に沿って平行になるよう、慎重に位置決めをして、のりが乾かないうちに手早く貼っていきます。もし貼る前にのりが乾いてしまったり足りなかったりしたら、ハケなどでのりを足してしっかりと貼り付けます。

障子にのりをつける

▲ハケの毛先を使って少しずつのりを付けていきます。

貼る時には、一枚分の美濃判障子紙を下の写真のように巻いて、少しずつ広げながら貼ってください。広げたまま貼ることもできますが、特におひとりで貼る場合は巻いてからの方が貼りやすいです。 この時、桟に貼り付ける面を外側に巻きます。右利きの方は向かって左側から、左利きの方は向かって右側から貼っていくことをおすすめします。

障子紙を巻く

▲障子紙を丸めておきます。

障子紙を貼る

▲モデルは右利きですので、向かって左から貼っていきます。左利きの場合は反対から貼ります。

六段目から四段目まで貼ったら、障子戸の上下を元に戻してください。今度は下写真のように三段目、二段目……と下から順番に貼っていきます。ここで上下を戻すことで、なるべく屈まずに貼れます。貼りやすい姿勢なら、紙がたわみにくいですし、何より腰など身体への負担が軽減されます。

障子戸の天地をもとに戻す

▲六段から四段目まで貼り終え、障子戸の天地を元に戻した状態です。このあと三段目、二段目……と今度は下から順番に貼っていきます。

2.余分な紙を切ります

全段を貼り終えたら、余分な紙(のりしろの外側)を真っ直ぐにカットします。のりしろ部分に定規をあてて、それに沿ってカッターで丁寧に切っていきます。
紙じゃくりのある障子戸の場合には、そのフチでカットするときれいに仕上がります。

障子紙をカットする

▲定規をあててカッターで切っていきます。手を切らないよう注意してください。

通常のカッターを使う場合、のり付けした所が少し乾いていた方が切りやすいです。
ただし、のりが完全に乾いた後は、紙がはがしにくくなります。余分な紙が桟に貼り付いて残るようであれば、水を少し含ませてはがしてください。

3.たるみがある場合は霧吹きをかけます

全ての段を貼り終えた後、紙がたるんでいる場合は、桟につけたのりが完全に乾いてから、全体に薄く均等に霧吹きで水を吹きかけてください。
【ご注意】霧吹きで水を吹きかけるのは、必ず障子戸に貼った後、のりが完全に乾いてからです。障子戸に貼る前の紙には吹きかけないでください。

障子に霧吹き


立ち貼り用障子紙のご購入はこちらから